協会員プロフィール

桂 南八
芸名
桂 南八
芸名ふりがな
かつら なんぱち
本名
楡井 勇
本名ふりがな
にれい いさむ
逝去日
平成19年11月15日
出身地
群馬県新田郡
芸種
落語
階級
真打
芸歴
昭和22年 群馬県新田郡に生まれる。地元の高等学校を卒業後、三洋電気に入社。サラリーマン生活を楽しむ。
昭和42年 落語家を志し、桂小南師匠の門に入る。
昭和45年 二ツ目昇進。
昭和56年 真打昇進。
昭和59年 国立演芸場にて金賞受賞。
著書
四行詩集「人と顔」
(サラリーマン時代に出版ほとんど売れず、やがて廃刊)
CD「2000年になって その1」
備考
昭和46年から、全国を廻り、学校寄席(中学生、高等学校)の普及指導にあたる。その活動の中で、地域で抱える様々な問題などを目のあたりにし、地域づくりについての研究に取り組み、昭和56年からは、同和問題・人権(差別)問題・PTA(教育問題)、また、「古典落語における地域社会」・「差別にみるまちづくり」等の講演を数多くこなす。さらに、平成元年と平成7年、国語教材として古典落語の収録。
コメント
芸風は?とか、得意ネタは?とよくお客様に聞かれることがありますが、自分では何が得意で、どんな芸風なのかいまだにわかりません。とにかく長屋の八っつぁん、熊さんを演じられる噺家になりたいです。そして「こいつは、おもしれー奴だ」と言われることを目指しています。
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2018 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。