協会員プロフィール

宮田 章司
芸名
宮田 章司
芸名ふりがな
みやた しょうじ
逝去日
令和3年6月21日
芸種
江戸売り声
階級
色物
出囃子
千金丹
芸歴
昭和29年(1954年)漫才師宮田洋容(故人)の門下生に なる。
昭和30年(1955年)同門の宮田陽司とコンビを組み『陽司・章司』のコンビ名で漫才界にデビューする。その後文化放送のレギュラー番組を持つ傍らフジテレビ、
テレビ朝日、日本テレビ等の、演芸番組に数多く出演し、
昭和39年(1964年)三沢あけみの専属司会者になる。そして昭和44年(1969年)には日本テレビ「11PM」のレギュラーに抜擢される。昭和51年(1976年)コンビ解消後、漫談家と司会者の2足の草鞋を履き、マヒナスターズの専属司会者になる。その後芸術祭賞を受賞した大道芸の『坂野比呂志(故人)』と出会い江戸売り声の魅力に取り憑かれる。坂野比呂志亡き後、現在日本で唯一人本格的な
「江戸売り声百景」和風漫談家としてテレビ、各カーニバル、寄席等で引っ張りだこ、大忙しの毎日を送る。

【得意ネタ】
1朝顔売り、2アサリ売り、3甘酒売り、4飴売り、5いかけ屋、6いわし売り、7石見銀山ねずみ取り、8オイチニの薬屋さん、9お稲荷さん売り、10桶屋、11お宝売り、12おでんや、13カニ売り、14カリン糖売り、15金魚屋、16くずや、17栗売り、18下駄歯入れ、19げんこつ飴、20辻占売り、21とうふ屋、22研ぎ屋、23ところてん売り、24毒消し売り、25ドジョウ売り、26苗売り、27流れ易者、28納豆売り、29七色唐辛子、30鍋やきうどん、31煮豆屋、32灰買い屋、33梯子売り、34葉とうがらし売り、35花売り、36バナナの叩き売り、37張り板屋、38枇杷薬湯売り、39物産飴、40よかよか飴(40番までのリクエストを織り交ぜて)和風漫談

その後芸術祭賞を受賞した大道芸の『坂野比呂志(故人)』と出会い江戸売り声の魅力に取り憑かれ、坂野比呂志亡き後、日本で唯一人の本格的な「江戸売り声百景」和風漫談家となりました。
朝顔売り、アサリ売り、納豆売り、金魚売り、葉とうがらし売りをはじめ、レパートリーは200を超えました。多彩な売り声で季節と共に江戸情緒を映し出し、お客様のリクエストに応じて実演する掛け合いは寄席の色物として珠玉の存在でした。
売り声を切り口に江戸文化を記した書籍・図鑑執筆、各種媒体への出演をはじめ、平成29年1月公開の映画「沈黙-サイレンス-(監督:マーティン・スコセッシ)」にも売り声で出演するなど、江戸売り声の第一人者として幅広い活動をしました。

令和元年7月7日、新宿末広亭の高座が最後の出演となりました。
備考
副業=司会業
昔取った杵柄、もちろん専門家!今でも各方面の歌手より司会の依頼がある。
趣味
ゴルフ(シングルの腕前)、食べ歩き
コメント
2012年5月「いいねぇ江戸売り声」を素朴社より出版
ホームページ
http://www013.upp.so-net.ne.jp/urigoe-miyata/#top
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2022 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。