新着情報

更新日2015年3月7日

訃報 三笑亭夢丸

平成27年3月7日(土)午前5時40分
当協会理事の三笑亭夢丸(本名:坂田宏 さかたひろし)が中咽頭癌のため、
都内の病院にて逝去しました。享年69

≪略歴≫
昭和20年10月4日生まれ (出身地 神奈川県横浜市)
昭和39年 三笑亭夢楽に入門「三笑亭夢八」となる
昭和42年 二ツ目に昇進
昭和53年 真打昇進「三笑亭夢丸」となる

若い頃からマスコミで活躍していましたが(主な出演番組、NHK 連想ゲーム、日本テレビ 笑点/ルックルックこんにちは、讀売テレビ 11PM、TBS 街角パラダイス、フジテレビ 3時のあなた、テレビ朝日 アフタヌーンショー、他)、50代半ば過ぎ、自主的にテレビ出演を控えるようになり、落語家としての活動に精力的に取り組むようになりました。それだけにとどまらず、新しい落語の展開を求め自ら懸賞金を出し、『21世紀夢丸新江戸噺し』の台本を全国から募集、寄席の主任を務める際には受賞作を口演するなど、落語の普及向上に寄与しました。
得意演目は「親子酒」「ねずみ」「辰巳の辻占」、新江戸噺しでは「えんぜる」「小桜」「椿の喧嘩」など。

平成22年に発症した中咽頭癌の治療を終え寛解、平成26年2月下席、浅草演芸ホールの主任を務めるまで回復しましたが、同年3月下席の4日目、のどの不調から以後の出演を取りやめ再度治療を受けることとなり、以来療養中でした。
平成26年3月29日、千葉県長慶寺での高座が最後の高座となりました。演目「看板のピン」
平成16年から当協会の理事を務め、長きにわたり協会の指導役としても活躍しました。

すでに決定している弟子の朝夢(小夢と改名)、夢吉(二代目夢丸を襲名)の真打昇進披露興行が5月上席から行われますが、その愛弟子の晴れの舞台を目前にした逝去でした。

お通夜 平成27年3月13日(金)18:00~
告別式 平成27年3月14日(土)11:00~12:00
式場 町屋斎場 荒川区町屋1-23-4 TEL 03-3892-0311
喪主 坂田八重子(妻)

謹んでご冥福をお祈りいたします。

  • 新着情報一覧
Copyright © 2017 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。